相続問題で喧嘩に発展する前に手を打とう!

  1. ホーム
  2. 払いすぎた利息を取り戻す

払いすぎた利息を取り戻す

弁護士

請求に必要なもの

過払い金請求は、不当な借り入れ利息が法律で禁止になって以降、どんどん増加しました。過払い金は払いすぎた利息を言い、それを年数をさかのぼって借り入れ先から請求することができるのです。過払い金請求を行うには、弁護士へ依頼したほうが円滑に進めていってくれます。熊本にある弁護士事務所でも過払い金請求を行うところが多く、相談を積極的に呼びかけています。熊本で対応している過払い金請求では、必要書類を用意しなくてはいけません。必要書類とは、借り入れ先の契約書や明細です。これに毎月の返済額が掲載されているので、それを証拠として請求ができます。そのため、熊本の弁護士事務所で過払い金の相談をするときは、これらを用意するようにし、全ての借り入れ先の分を整理していきます。弁護士事務所ではこの書類をもとに請求できる額を計算していき、それを借り入れ先へ請求します。もし、契約書や明細を紛失したならば、借り入れ先に再発行してもらうことも可能です。ただし、全てが応じてくれるわけでもないので、契約書や明細を大事に保管しておかなければいけません。過払い金は、完済後でも返済途中でも請求ができます。ただし、最終取引から10年までが期限となるので、それ以降は時効となってしまいます。ここが一番の注意点となるため、熊本の弁護士事務所でも一番にその確認が行なわれます。年数を詳しく覚えていなくても、契約書や明細が証拠となるので、それで確認をすることができます。