相続問題で喧嘩に発展する前に手を打とう!

  1. ホーム
  2. 節税対策の方法

節税対策の方法

相談

法人とは、会社法によって認められたもので擬人化された事業を行うための組織です。その種類は、誰もが知っている上場企業や大企業から街の中小企業までさまざまです。いずれも法人であれば会社法に基づいて組織を運営していくことになります。法人を運営していく際には個人と同様にその事業年度の所得に応じて法人税を納付する必要があります。法人を運営していく上では、この法人税をいかに節税するかによって事業展開が変わってきます。特に中小企業の法人税の節税を考える上で大切になってくるのが、税率の違いです。まず法人税は所得税に比べると緩やかですが所得に応じて2段階の税率が設けられています。その内容は所得が8,000,000円以下の税率が15パーセントであるのに対して8,000,000円を超えた場合には25.5パ−セントとなります。このようにできれば所得8,000,000円を超えないように法人を運営していくことが節税につながります。ではどのようにして低い税率で所得をおさえるのかというと、役員報酬を上下させることがそのひとつの方法です。役員報酬は法人を主宰する事業主など役員に対する給料です。したがって事業年度によって利益をおさえたい場合は役員報酬を増加させることにより法人の所得をおさえることができ節税につながります。ただし役員報酬を変えることができる期間が定められています。その期間は法人の事業年度開始の日から3か月以内ですので期初に計画を練ることが必要となります。