相続問題で喧嘩に発展する前に手を打とう!

  1. ホーム
  2. 上手に活用するための方法

上手に活用するための方法

電卓

人が亡くなった際に、その亡くなった人が一定以上財産を保有して亡くなった場合には相続税が課税されます。相続税の計算を一般の人が行うことは非常に困難であるため税の専門家である税理士に依頼して相続税申告を行うことが一般的です。では相続税申告の際に税理士を選ぶ際にポイントはあるのかというと、その相続人の考え方によってさまざまなポイントがあります。まず大切になるのがその税理士が相続税に一定程度精通しているかどうかという点です。これは税理士の仕事内容とも関連しますが、税理士によっては相続税の申告をまったくしないという人もいます。これは相続税だけでなく法人税や所得税などさまざまな税があるためです。次に大切になる点としては、被相続人さらには相続人との関与度合です。普段まったく接触のない人の相続税申告を行うためにはその相続人が保有していた財産を申告の依頼があった時からすべて把握していく必要があります。財産把握をすべて行うことは非常に膨大な作業量になります。作業量が多くなればミスが起こる可能性が高くなります。これを防ぐために普段から接触があればある程度財産の把握を行った上で相談等をすることになるため、いざ相続税申告を行う際の財産把握のための作業量を減らすことができます。また事前に税理士に相談することによって相続税を節税するための方法をさまざまな角度から用いることができるため事前に関与することによって相続人にとってもメリットが生まれます。